法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

2007年09月05日

平成2年・民法第1問

 Aは、夫であるBの事業が不振で家計にも窮するようになったため、Bに無断で、Bから預かっていたBの実印等を利用し、Bの代理人としてB所有の土地をCに売り渡した。
1(一) Cは、Bに対し、その土地の所有権移転登記手続きをするよう請求することができるか。
 (二) Cは、Aに対し、どのような請求をすることができるか。Cの請求に対するAの反論についても含めて説明せよ。
2 Cが請求をしないでいる間にBが死亡した。A,B間には子Dがいたが、Dは、相続を放棄した。この場合に、Cは、Aに対し、どのような請求をすることができるか。Dが相続を放棄しなかった場合には、どうか。

 上記問題の答案をメール経由で、一通980円で添削します。
 添削申し込み方法は下記リンク(解答・解説・関連知識・関連条文)をクリックしてご覧ください。

解答・解説・関連知識・関連条文
posted by free law school at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 民法このエントリーを含むはてなブックマークFC2ブックマークブックマークに追加するをクリックすれば、16もの主要ソーシャル・ブックマーク・サービスでこの記事をブックマークできます。

平成2年・民法第2問

 Aは、B所有の茶器を所有していたところ、Cから100万円を借り受けるにあたり、この茶器をCに質入れした。
1 この茶器は、AがBから預かっていたのに過ぎないのに、Bの承諾なしに、自己のものとしてCに質入れをしたものであった場合に、Cは、質権の実行により、100万円の貸金債権の弁済を受けることができるか。次の三つの場合のそれぞれについて検討せよ。

(一) 現在、Cが茶器を所持している場合
(二) 質権の設定後にAの懇願を受けてCがこの茶器をAに引き渡し、現在は、Aがこれを所持している場合
(三) Cから茶器の引渡しを受けたAがこれを更にBに返還し、現在は、Bがこれを所持している場合

2 この茶器は、AがBに貸し付けた50万円の貸金債権の担保のためにBからAに質入されたもので、これを、AがBの承諾なしに更にCに質入れしたものであった場合に、Cは、自己の質権の実行により、100万円の貸金債権の弁済を受けることができるか。

 上記問題の答案をメール経由で、一通980円で添削します。
 添削申し込み方法は下記リンク(解答・解説・関連知識・関連条文)をクリックしてご覧ください。
解答・解説・関連知識・関連条文
posted by free law school at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民法このエントリーを含むはてなブックマークFC2ブックマークブックマークに追加するをクリックすれば、16もの主要ソーシャル・ブックマーク・サービスでこの記事をブックマークできます。

2007年08月12日

平成元年・民法第1問

 Aは、Bに対し、自己の所有する中古のステレオ・セットを贈与することを約し、Bへの送付をCに委託した。ところが、Cによる輸送の途中、Dがこのステレオ・セットを盗み、Eに売り渡した。
(一) この場合に、A、B及びCは、Eに対し、ステレオ・セットの引渡しを請求することができるか。
(二) A、B、Cいずれもがステレオ・セットを取り戻すことができなかった場合に、BがAに対してすることができる請求及びAがその請求を拒むことができる根拠について説明せよ。


 上記問題の答案をメール経由で、一通980円で添削します。
 添削申し込み方法は下記リンク(解答・解説・関連知識・関連条文)をクリックしてご覧ください。

解答・解説・関連知識・関連条文
posted by free law school at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民法このエントリーを含むはてなブックマークFC2ブックマークブックマークに追加するをクリックすれば、16もの主要ソーシャル・ブックマーク・サービスでこの記事をブックマークできます。

平成元年・民法第2問

 Aは、Bに対し、売主をC、買主をBとする売買契約に基づくCの目的物引渡債務を保証する事を約し、Bは、売買代金を前払いした。ところが、履行期が到来したにもかかわらず、Cは、目的物を引き渡さない。
(一)
(1) Bは、Aに対し、どのような請求をすることができるか。
(2) Aが死亡し、D及びEが相続をした場合には、Bは、D及びEに対し、どのような請求をすることができるか。
(二) BがCの債務不履行を理由として売買契約を解除した場合には、Bは、Aに対し、どのような請求をすることができるか。


 上記問題の答案をメール経由で、一通980円で添削します。
 添削申し込み方法は下記リンク(解答・解説・関連知識・関連条文)をクリックしてご覧ください。
解答・解説・関連知識・関連条文
posted by free law school at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民法このエントリーを含むはてなブックマークFC2ブックマークブックマークに追加するをクリックすれば、16もの主要ソーシャル・ブックマーク・サービスでこの記事をブックマークできます。
法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。